株式会社アスク、SyncBac PRO for GoPro HERO6 の国内出荷を開始

SyncBacPROforHERO6 shipping

英国報道発表資料抄訳 - 2018 年 3 月 22 日

再設計された新型の SyncBac PRO で、複数の GoPro HERO6 を同期

2018 年 3 月 22 日 ─ 株式会社アスク メディア & エンタープライズ事業部 (ASK M&E) は本日、 Timecode Systems 社の新製品 SyncBac PRO for GoPro HERO6 の国内出荷を開始いたしました。

SyncBac PRO for GoPro HERO6は、最新世代の GoPro HERO6 アクションカメラ向けに設計されたタイムコード同期ソリューションです。SyncBac PRO が生成するフレーム精度の正確なタイムコードを HERO6 で利用することで、無線周波数 (RF) 長距離通信により、複数台の GoPro のタイムコードをワイヤレスで同期することができます。

プロ向けのマルチカム撮影の一部として GoPro が利用される場合にも、SyncBac PRO は他の Timecode Systems 社製品が使用されている業務用のカメラや業務用のオーディオ機器との間で、タイムコードを同期することができます。撮影終了後には、フレーム精度の正確なタイムコードが含まれた MP4 ファイル入りの SD カードを編集チームが受け取ることができます。そのため、手動でコンテンツを時間軸で揃える必要がなくなり、編集タイムラインにフッテージを素早く簡単に直接送ることができます。ポストプロダクション処理の速度を上げ、効率化することで劇的にコストを削減します。

価格と発売時期

  • 税抜価格 : 37,000 円
  • 発売日 : 2018 年 3 月 22 日

また、新しい SyncBac PRO for GoPro HERO6 では、GoPro のカメラファームウェアがアップデートとともに、幾つかのパフォーマンスが改善されました。GoPro HERO6 と SyncBac PRO for GoPro HERO6 のアップデート方法については、『SyncBac PRO for GoPro HERO6 アップデート手順』のページにてご確認ください。

SyncBac PRO for GoPro HERO6 アップデート手順

Timecode Systems 社について

Timecode Systems 社は、タイムコードに関するハードウェアとソフトウェアのソリューションを開発製造し、マルチカメラ収録、テレビ撮影、360° VR 撮影を行った際の、収録、ログ、検索、同期を簡易化しています。スタジオで 1 台のカメラで撮影する場合、ロケでマルチカメラを使用する場合、複数台のウェアラブルカメラやミニカメラで撮影する場合、または VR リグに取り付けた GoPro カメラを使用する場合のいずれでも、Timecode Systems 社の製品を一緒に利用可能です。ビデオとオーディオの同期、メタデータ共有、マルチプラットフォームの無料アプリケーション BLINK Hub 経由の遠隔制御といった密接なワイヤレスワークフローソリューションを制作チームに提供します。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 番留 丈史
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.