Timecode Systems trxPLUS

英国報道発表資料抄訳 - 2015年8月27日

イギリス、ウスターシャー州ウースター(2015年8月27日) - タイムコード、同期信号やメタデータを共有するワイヤレステクノロジーのパイオニアである Timecode Systems 社は、B:LINK に対応した :minitrx+ の出荷を開始しました。:mini trx+ にはパフォーマンスの改善と、新しいマウントオプションが追加されています。

Timecode Systems社のグローバルセールスディレクター、Adam Parr氏は次のように述べています。

「元々私たちは、受賞歴のある :wifi master に取って変わる小型製品としてコンパクトな :mini trx を作りました。そして、今回、B:LINK との互換性というすばらしい新機能を備えた製品へと改善しました。非常に正確なタイムコード、ゲンロック、ワードクロックを提供するだけでなく、内蔵の B:LINK RF ネットワークを使えばユーザーによるステータスの監視や遠隔操作が可能です。これほど小さなサイズでこれらの機能を持つ製品は、他には存在しません。」

独自の B:LINK RF ネットワークプロトコルは、安定した サブ GHz ISM バンドで非常に正確にワイヤレス同期を保持するだけでなく、:mini trx+ (スレーブ機として使用した場合) と :wave などの B:LINK マスター機といった 2種類のステータス確認および制御を一度に行うことができる機能を搭載しています。:wave の Wi-Fi ネットワークによって、MovieSlate 8 などのサードパーティ製アプリケーションや Timecode Buddy :app から mini trx+ のステータスを閲覧したり、設定を行うことができます。

:mini trx+ のバッテリーはより大容量なリチウムイオンポリマー電池へとアップグレードしました。さらに sync BNC コネクターは 2つ目の LTC 出力、またはワードクロック出力のどちらかを選択できる追加機能を備えています。また、酸化皮膜処理を施した削り出しアルミニウム製のブラケットには、1/4 インチのマウント用の穴と取り外し可能なシューマウントが備わっています。そのため頑丈で柔軟な装着が可能です。

既に :mini trx をお使いのユーザーは、:mini trx+ にアップグレードすることが可能です。アップグレード方法の詳細については、後日アスク M&E Web サイトにてお知らせ致します。

Timecode Systems 社および製品に関する詳細な情報は、www.timecodebuddy.com をご覧ください。

B:Link について

B:LINK は、Timecode Systems 社のワイヤレスによる長距離同期、コントロール、およびメタデータ交換のためのプロトコルです。詳細は下記ページにてご確認ください。

Timecode Systemsについて

Timecode Systems 社は、撮影現場と記録フォーマット双方のニーズを満たす、タイムコード・ハードウェアおよびソフトウェア製品をデザインし生産しています。 スタジオで 1台のカメラを使用する場合だけでなく、屋外で複数台の装着型や小型カメラを使用する場合でも、Timecode Buddy はタイムコードの生成・同期・共有を簡単且つ正確に行うことができます。その上、メタデータを RF や Wi-Fi といったワイヤレス環境にて扱うことも可能です。2012年 4月の発売以来、当製品はイギリスを含めたヨーロッパ各国、アメリカ、中東、アフリカなどでリアリティ番組やドキュメンタリー番組、映画製作などでおなじみのアイテムとなっています。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.